解決事例

頸部捻挫後、腰椎捻挫

兼業主婦、むち打ちで治療中から弁護士のサポートを受けながら後遺障害14級、弁護士基準で示談。

弁護士介入前 提示なし / 0
弁護士介入後 400万円

頚部捻挫、腰部捻挫

後遺障害は自賠責非該当であったが、訴訟により14級認定。
過失相殺分も人身傷害保険を利用することで、賠償額満額取得。

弁護士介入前 提示なし / 0
弁護士介入後 340万円

頚部捻挫、腰部捻挫

兼業主婦で保険会社の主張額から約3倍に増額。

115万円アップ
弁護士介入前 約123万
115万円アップ
弁護士介入後 238万円

舟状骨骨折、顔面醜状

将来の逸失利益で相手保険会社と争いとなるも、最終的に400万→1300万円で示談。

900万円アップ
弁護士介入前 約400万
900万円アップ
弁護士介入後 1300万円

頚部捻挫

兼業主婦で、保険会社の主張額から約2.4倍に増額。

120万円アップ
弁護士介入前 約182万
120万円アップ
弁護士介入後 302万円

頸椎捻挫

運送業勤務(ドライバー)男性が弁護士による自賠責被害者請求により頸椎捻挫について後遺障害14級9号獲得に成功し、その後、裁判基準ほぼ満額で示談。

弁護士介入前 提示なし / 0
弁護士介入後 292万円
ページトップへ