舟状骨骨折、顔面醜状

将来の逸失利益で相手保険会社と争いとなるも、最終的に400万→1300万円で示談。

弁護士サポート受けて3.2倍に増額 弁護士サポート受けて3.2倍に増額
事故態様 バイク運転中、脇見運転した3輪自動車と接触し、転倒した。
事例の特徴 男性のまぶたの外貌醜状の後遺障害(9級)が残ったものの、男性かつ現場作業員ということから、まぶたの醜状痕跡が将来の収入を減少させる可能性はないとして、保険会社はその逸失利益性を否定してきていた。
属性 男性、30代、正社員(現場作業員)
症例・
受傷部位
舟状骨骨折、顔面醜状
後遺障害等級
・死亡事故
舟状骨骨折(12級)、顔面醜状(9級)により後遺障害8級
主な
損害項目
保険会社の主張額 受任後
治療費 約280万円 約280万円
交通費 約3万円 約3万円
休業損害 170円約170万円
通院慰謝料
約194万円約194万円
後遺障害逸失利益
約500万円約1400万円
後遺障害慰謝料
約830万円約830万円
治療費等を含む
賠償総額
約1975万円約2875万円
過失相殺
約290万円(15%)約287万円(10%)
既払い金を除く支払額
約400万円約1300万円
交通事故の状況
依頼者がバイクの運転中に、わき見運転をしていた3輪自動車との接触事故。
ご依頼内容
保険会社の対応が悪く不安を感じられた相談者から、事故当初からご依頼。 
対応内容と成果
(成果)
保険会社主張額の約3.2倍に増額。

(後遺障害について)
舟状骨骨折(12級)と顔面醜状(9級)の併合8級の後遺障害の認定がされた方でした。

(保険会社の主張)
保険会社は、男性のまぶたの外貌醜状の後遺障害では、男性かつ現場作業員であることを理由に、収入の減少はありえないとして、その逸失利益性を否定してきました。
そして、舟状骨骨折(12級)については、労働能力喪失表に従った労働能力喪失率14パーセントを認めるが、収入減が続く期間としては、症状固定後10年間しか認めず結果500万円程度逸失利益の金額を主張してきました。

(弁護士の主張)
①舟状骨骨折(12級)について
まず、舟状骨骨折(12級)については神経症状ではなく、器質的機能的損傷による後遺障害であって、両手による巧緻作業の多いご依頼者からすると、10年の期間は到底承服できるものではありませんでした。
そこで、賠償法学上、就労可能な年齢とされている上限である67歳までの期間で計算し、逸失利益約900万円で請求しました。

②外貌醜状(9級)について
問題は,外貌醜状9級の後遺障害認定の事実を、いかに本件の後遺障害逸失利益(または後遺障害慰謝料)に反映させるかでした。この点、男子であり、現場作業員であることから、訴訟となれば、業務に対する影響は存せず0円計算とされるリスクもあります。
もっとも、その場合でも、後遺障害慰謝料の加算事由として100~200万円程度増額するといった判例傾向をも踏まえると,①の900万円に200万円増額した1100万円で交渉する方法を考えられました。

③示談交渉の結果
交渉は難航しましたが、最終的に、舟状骨骨折(12級)の労働能力喪失率12級の14%に6%の労働能力喪失を加えた20%の喪失率で,67歳までの喪失期間で計算することで合意できました。
金額にすると約1400万円となり、当初の保険会社の500万円の主張からすると、大幅な増額となりました。
総括・コメント
男子で外貌醜状が絡む場合の損害賠償額の算定は、過去の裁判例を見ても女子との差をどの程度設けるのかも含めて、争いになりやすいです。
本件は、外貌醜状の後遺障害逸失利益性ではなく、後遺障害慰謝料を増額するという方針も考えられました。しかし、ご依頼者にとって有利な方針を選択することにこだわった結果、結果として、外貌醜状部分で500万円相当の逸失利益を獲得する事ができました。
ページトップへ