[選ばれる理由-1] 解決実例300件以上の実績

[選ばれる理由-1] 解決実例300件以上の実績

Hi法律事務所 福岡事務所は、これまでに解決に導いた交通事故案件は300件以上。さまざまな困難を解決してきた実績があります!

実績が今後の貴重な経験となります

交通事故被害は誰も予見することができず、ある日突然、巻き込まれます。治療を受けながら煩雑な保険の手続きをすすめるため、多くの方が疲弊するのは当然だと言えます。しかも、保険会社から提示される賠償金の金額は決して満足できるものではなく、「何とかならないのか」と当事務所にいらっしゃる方が多いのが現状です。

交通事故は最終的には金銭で解決することになります。ですが、現状の痛みを金銭で換算するうえでは納得できないケースもあり、不自由を医学的所見(画像診断など)でも証明できないなど、現代医学ではつきとめられない症状もあります。それにどう挑み、どのような結果を導けるかは弁護士の技量によることも少なくありません。まずは、私どもがその苦難を理解し、共に歩みを進めることが必要だと感じ、事故解決にあたってきました。

交通事故は最終的には金銭で解決することになります。ですが、現状の痛みを金銭で換算するうえでは納得できないケースもあり、不自由を医学的所見(画像診断など)でも証明できないなど、現代医学ではつきとめられない症状もあります。それにどう挑み、どのような結果を導けるかは弁護士の技量によることも少なくありません。まずは、私どもがその苦難を理解し、共に歩みを進めることが必要だと感じ、事故解決にあたってきました。

数多くいただく感謝の言葉は、その思いが形になったもの。これまでの経験を活かし、さらに多くの方のお役に立てると思っています。

痛みは当人しかわかりません。それを法的に証明するのが私どもの役目です。

残念ながら、痛みそのものを数値化することはできません。証明できるのは、関節が動かなかったり、物が見えなかったりといった現象面です。これを数値で示すことができる場合はよいのですが、それが難しい場合は、その痛みがあることさえ否定されたように感じられるご依頼者様もいらっしゃいます。これはあってはならないことです。

中には医師が痛みの原因を突き止められないこともあります。今の医学の検査手法では突き止められないのが現状なのです。また、症状の存在を証明できたとしても、「加齢による影響のせいだ」と事故との関連を認められないこともあります。

しかし、痛みを完璧に証明するのではなく、法的に証明すれば賠償金増額につながります。

そのためには技術的なことが必要です。当事務所では、これまでの経験の蓄積からあらゆる角度から検証を行い、小さな可能性も見逃すことがないよう最善を尽くします。

ほかの法律事務所で伝えられた見込みに納得できない方も、一度無料相談をお受けいただけると幸いです。新しい見解をお伝えできる可能性があります。