解決事例-1

兼業主婦,むち打ちで治療中から弁護士のサポートを受けながら後遺障害14級,弁護士基準で示談。

事故態様赤信号で停車中,追突された
事例の特徴むち打ち
属性女性,40代,会社員
症例・
受傷部位
頸部捻挫後,腰椎捻挫
後遺障害等級
・死亡事故
後遺障害14級
主な
損害項目
受任前受任後
休業損害提示なし約70万円
傷害慰謝料約90万円
逸失利益約80万円
後遺障害
慰謝料
110万円
既払い金を除く支払額
約275万円
治療費等を含む
賠償総額
約400万円
交通事故の状況
赤信号で停車中,前方不注意の後続車に追突された。
ご依頼内容
痛みが残っているので治療継続したいのに,相手損保から治療費打ち切りの連絡を受け,弁護士に依頼。
対応内容と成果
①治療中~後遺症診断まで
まず,主治医と面談し,現在の症状に対する今後の治療方針,改善可能性,症状固定日の見通しをヒアリングしました。

医師面談の結果,画像所見は経年性の椎間板膨隆はあるものの,神経学的な異常所見は認められないことから,治療期間は,7か月目までを目途とし,その後は症状固定にし,後遺障害として対応することとなりました。

保険会社の治療費打ち切りに対しては,健康保険に切り替えて,治療を継続することとし,7か月通院後,自賠責へ後遺障害を求めて申請。
事故状況,通院実績,症状の経過推移,症状固定後の日常生活状況等の資料から14級認定が想定される申請でした。

②後遺障害14級認定後の保険会社との交渉
当初,保険会社は,①休業損害はアルバイト分で実際に休んだ日数しか認めない,②素因減額により損害額70パーセントをカットするという強い姿勢でした。
しかし,弁護士から①兼業主婦の休業損害についての裁判所の考え方や②同一の損傷部位の治療実績がそのまま素因として減額されることはないことについて,過去の裁判例を指摘しつつ粘り強く交渉したところ,保険会社担当者の態度が大きく軟化し,結局,当方の主張を前提とした示談となりました。
総括・コメント
保険会社からの治療費打ち切りに遭われた場合,症状があるにもかかわず,治療を中止される方がいらっしゃります。
今回の依頼者様が,保険会社の治療費打ち切り打診にそのまま応じ,そこで治療を中止していたら,後遺障害の認定は非常に困難となる事案でした。
治療費の打ち切りにあってすぐに弁護士に相談されたことが,功を奏したといえる好例のケースといえるでしょう。
ご自分で判断されてしまった結果,とりかえしのつかない事態となる前に,弁護士の助力を得ながら,依頼者主導で交通事故処理を進めていけたことが,今回の損害賠償額の獲得につながったと思います。